discovery blog 306wm.com
HOME arrow EVENT

EVENT | DISCOVERYgraphics

MC&DJ BATTLE “ZAMRAI JAM2014″

いったい誰が闘うことができるのだろうか!?

【日時】2014年3月23日(日) 18:00START
【場所】浜松窓枠 静岡県浜松市中区板屋町100-10
【料金】MENS:2,500円 / LADIES:1,500円 共に1DRINK込み 学生または未成年:1,500円
【チケットお問い合わせ】TEL.053-451-3035



Opening act General Crew | Music Selector DJ HIRAKATSU
Live Showcase PAC a.k.a ハゲ2 tatoo no 顔面凶器 | MC KUBO,JEFRI | Photo ATSUSHI

Presents by ASH × NEWGROUND
Supported by STUDIO OMEGA NATURAL RECORD DISCOVERYgraphics





Conguero Tres Hoofers 浜松LIVE!!




アコギ、タップ、パーカッション。異色の編成で変幻自在なグルーヴを産み出す。

【日時】2014年3月1日(土)開場:17:30 / 開演:19:00
【場所】手打ち蕎麦 naru 静岡県浜松市中区板屋町102-12 2F
【料金】前売り:2,000円 当日:2,500円
【チケット/お問い合わせ】TEL.053-453-7707 WEB www.narusoba.com

渥美幸裕 、SARO、西岡ヒデローの3人からなるアコースティック・プロジェクト。
アコギ、タップ、パーカッションという異色の編成で変幻自在なグルーヴを産み出す。
シンプルな楽器と体を使ったフィジカルなライブが話題。
1stアルバム『Classics from THe parallel world.』が
iTunes Music Storeのジャズチャートで1位を記録。
FUJI ROCK FESTIVAL2010,2011と2年連続出演。
2012年、所属レーベルorigami PRODUCTIONSの設立5周年を記念した
全国5都市3,000人規模の無料ライブツアー“O2 ”に出演。







『食と環境を考える映画祭』シネマイーラ

『食と環境を考える映画祭』
場所:浜松シネマイーラ(静岡県浜松市田町 315-34 笠井屋ビル3F)
料金:一般=1,800円、大学生以下・60歳以上=1,000円(3作品共通前売り券=3,000円)

2月1日〜7日『世界が食べられなくなる日』
【時間:13:20~15:20】
-----------------------------------
2月8日〜14日『よみがえりのレシピ』
【時間:14:30~16:05】
-----------------------------------
2月15日〜21日『もったいない』
【時間:14:40~16:10】
-----------------------------------


2014年2月1日〜7日『世界が食べられなくなる日』



「世界が食べられなくなる日」
(2012年/フランス/118分/原題:『Tous Cobayes?』)
監督:ジャン=ポール・ジョー 製作:ベアトリス・カミュラ・ジョー
ナレーション:フィリップ・トレトン パーカッション:ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ

暴走するテクノロジー
その先にどんな世界が待っているのだろうか?
あなたは次の世代にどんな世界を残したいですか?

2009年、フランスである動物実験が極秘に開始された。
それはラットのエサに遺伝子組み換えトウモロコシ、農薬(ラウンドアップ)を、
いくつかの組み合わせで混ぜて与えた長期実験だった。
実験期間は2年、ラットの寿命に相当する期間である。

現在、市場に流通している遺伝子組み換え食品の安全基準は、
ラットに遺伝子組み換え作物を3ヵ月間与え続けても問題がないという実験結果をもとにしている。
人間の寿命を80歳とすれば、ラットの3ヵ月は人間の10歳に相当する。
分子生物学者、ジル=エリック・セラリーニ教授が行ったこの世界で初めての実験は、
2012年9月に専門誌に発表され、フランスをはじめとしてヨーロッパ諸国、
そして世界中に大きな波紋を投げかけた。

20世紀に生まれた二つのテクノロジー、“遺伝子組み換え”と“原子力”

本作で、遺伝子組み換え作物の影響と同時に描かれるのが“原発がある風景”。
世界第2位の原発保有数58基が稼働中で常にリスクと隣り合わせのフランスと、
福島第一原発事故以降の日本。その地に住む農家がどのような影響を受けたのか。
『未来の食卓』 『セヴァンの地球のなおし方』で
“食の重要性”を訴え続けるフランス人監督ジャン=ポール・ジョーがカメラを向ける。






2014年2月8日〜14日『よみがえりのレシピ』



「よみがえりのレシピ」
監督:渡辺智史

在来作物-
世界中で起きている食や農業の問題への処方箋(レシピ)として、伝えていきたい。

栽培者自身が種苗を管理し守ってきた在来作物(ざいらいさくもつ)は、
世代を超えて地域に受け継がれてきました。しかし品種改良された作物より収量が少なく、
病気にも弱いことから市場で評価されず、多くは消失してしまいました。

そんな時代に独自の料理法で在来作物の存在に光を当てた
“山形イタリアン”「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフ。
野菜の個性的な味・食感・香りを生かした料理には、新鮮な魚介や肉と、地域の風土や物語も盛り込まれます。
また焼き畑農法を研究する江頭宏昌先生は「ここにしかない価値」を秘める
在来作物が地域再生の起爆剤になると確信しています。

さらなる主役は、手間を惜しまず種(たね)を守り続ける農家の人たち。
その笑顔と心意気を感じることで、何気ない日々の生活が少しだけ違って見える、
そんな魅力が『よみがえりのレシピ』には溢れています。







2014年2月15日〜21日『もったいない』



「もったいない」
(2011/ドイツ制作/独、仏、日、英、伊、各国語/88分)
監督:バレンティン・トゥルン  撮影:ロラント・ブライトシュー 
編集:ビルギット・ケスター 音楽:プルラモン


世界的な食料廃棄の信じがたい真実
食べ物の半分は食卓に乗らずに捨てられている!?

「私の国ではバナナだってめったに食べられないのに、捨てるなんて贅沢すぎるわ!」
 -パリのフードバンクで働くカメルーン出身のヴェロニク

「みんな、賞味期限に近いものは買わない。結局、廃棄処分さ。もったいないよ。」
 -スーパーの店員

「もったいないなぁ、日本人は贅沢だなぁって思うけどね。」 
 -食品リサイクル工場の作業員

「国中のパン屋がウチと同じ様にすれば、原発を一つ閉鎖できるね。」 
 -ドイツのパン屋さん

「(インタビュアー)えっ、8トンも捨てるんですか?」 「よくあることだよ」 
 -パリの国際卸売市場の審査官

「食品廃棄は食料の価格を高騰させ、間接的に世界の飢餓を招いている。」 
 -ボン大学教授

「今の子供たちは家庭で料理を教わらない。」 
 -フードバンク活動家

「いまや冷蔵庫は家庭の墓場だ。ものすごい量の食材が死んでいる。」 
 -スローフードインターナショナル会長



信じがたい真実ですが、私たちが日々食べる食品は、
そのおよそ3~5割が食卓に届く前に捨てられています。
生産の現場で、流通の過程で、小売販売の段階で、そして家庭でも…。
日本をはじめ世界各国で、食料が辿るあらゆる段階に関わる人々や専門家の話を聞きながら、
その驚愕の現実と原因、影響を目撃し、私たちに何が出来るのかを探る旅が始まります。

毎年、世界で生産される食料の3~5割、
最大約半分に当たる20億トンもが廃棄されている現実を、あなたはどう受けとめますか?






映画『フィルス』静岡上映 1/25〜2/7


『トレインスポッティング』のアーヴィン・ウェルシュ原作
可笑しくも哀しいイカれた男のクライム・コメディ!!


[原作]アーヴィン・ウェルシュ [監督]ジェームズ・マカヴォイ
[出演]ジェームズ・マカヴォイ/ジェイミー・ベル/イモージェン・プーツ
[音楽]クリント・マンセル

【日時】2014年1月25日〜2月7日
【上映時間】①14:55~16:35  ②19:00~20:40
【場所】静岡シネギャラリー 静岡県静岡市葵区御幸町11-14
【料金】1,800円 / 共通前売券:チケットぴあ(Pコード 465-203)


特技は同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告。
ポルノ・売春・不倫・アルコール・コカイン中毒・・・
まさに歩く危険地帯!あまりに最低、あまりに強烈、

クリスマス・キャロルが街中で流れだす季節。
ある晩、残忍な日本人留学生殺人事件が起こる。初動捜査では【目撃者はゼロ】。

捜査の指揮を任されたのは、スコットランド警察の優秀な頭脳を持つ血気盛んな刑事ブルース・ロバートソン。
彼はこの事件で手柄をあげ、出世したいと目論んでいた。
同じ部署には、超普通な男ドギー、ゲイであることを隠しているピーター、
ヤク中の新人刑事レイ、オツムの弱いガス、男を奴隷にしてしまいそうなアマンダ、
皆の上司で脚本家志望のボブといった癖のある連中ばかり。

この中で有能な奴だけが出世レースを制する。
ルールに例外はない。でも大丈夫、とブルースは余裕だ。なぜなら皆、無能な奴らばかりだから。







TERRENCE PARKER in 浜松プラネット2/9




SUNDAY AFTERNOON SESSION vol.6
デトロイトのレジェンドがPLAY DJ Terrence Parker

【日時】2014年2月9日(日) 17:00〜深夜
【料金】2,500円1DRINK付き
【場所】PlanetCafe 浜松市中区元城町223-1アルスパーキングB1F
【INFO】cafetheeel@gmail.com
【予約】コチラから
< br>
TERRENCE PARKER(テレンス・パーカー)
1982年にヒップホップDJ、Mix Master Xとしてデトロイトにて音楽活動をスタート。
K7!からアルバムを2枚リリース。”Emancipation Of My Soul”はUKで大ヒットを記録した。
93年より自ら[Intangible Records&Sound Works]というレーベルを立ち上げ
2001年には[Real Righ Music]というサブ・レーベルも開始。
デトロイトのDJたちに「誰が一番すごいDJ?」と聞くと必ずテレンス・パーカーの名前があがる。
彼のDJテク ニックはジェフ・ミルズやバッド・ボーイ・ビルやターンテーブリストたちとよく比較される。
日本では「知る人ぞ知る実力者」のイメージがあるが、
世界中の 100都市以上でプレイしているインターナショナルDJ。






TOP 次へ
306wm